プリザーブドフラワーの花smile 2020年3月

花smileブログ

2020年3月

川沿いの花を歩きながら

 

 

 

こんにちは。八王子 プリザーブドフラワー フレッシュフラワー

 

花smileです。

 

 

先日 レッスン 出店販売の自粛のブログUPを致しましてから

http://www.hanasmile.com/index.php/news/archives/567

数日ですが お花日常をUPさせていただきます^^

 

 

15日日曜日 八王子駅から川沿いを歩きながらの帰路

 

膝を痛めてから丸2ヶ月 4㎞くらい歩きました。

 

こんなに急に歩いてよいものかとは思いましたが良い天気で川沿いは見晴らしもよい

 

 

20-03-17-09-34-38-837_deco.jpg

 

 

 

桜の蕾を観察しながら

 

 

 

2020-03-17-09-32-16-409.jpg

 

2020-03-17-09-31-33-582.jpg

 

 

 

 

土手にもお花が

 

 

 

DSC_1401.JPG

 

 

 

 

スプリングスノーフレークやハナニラが咲いていました。

 

 

 

 

 

2020-03-16-21-44-06-799.jpg

 

 

春だから咲いているお花や蕾を観察しながら歩ける

 

 

歩けるって本当にありがたい、幸せだなぁって実感しながら膝の痛みもなく無事帰宅

 

 

今はコロナウィルスで色々規制されてしまう世の中ですが

 

密閉密集地ではない川沿いや桜並木道を歩いて

 

目で楽しんで心を豊かに感じるお散歩は良いのではないかと

 

 

私の場合 ただただ歩けることが今は一番うれしかったですが^^

 

 

来週には桜も咲きほころぶのかな

 

 

また歩いて観察に行きたいと思います☆

 

 

皆さまもこの時期にしか咲かないお花を観察してみてはいかがでしょうか^^

 

 

少しでもストレスをためない日常を考えていけたらと思う次第です。

 

 

 

 

 

花smile   2020年03月17日   hana-puri

レッスン 出店販売の自粛

 

 

 

こんにちは。八王子 プリザーブドフラワー フレッシュフラワー

花smileです。

 

 

ブログの更新が滞ってしまいました(;・∀・)

 

というのも。。

 

 

今年に入りわずか2週間で右ひざ半月板を損傷してしまい( ̄▽ ̄;)

 

今回は骨折と違い鎮痛剤を飲んでも眠れず

 

膝の周りは腫れて 今までの痛さとは(何度かの骨折をここ数年経験しております)

 

全く異なるもので今回はもう歩けないかと絶望的な気持ちになりました。

 

 

不安もありセカンドオピニオンで診察 骨挫傷と半月板損傷との診断

 

 

そのころには腫れも引いて セカンドオピニオンの先生のこちらの質問の丁寧なご診断と診察で

 

安心いたしました。

 

 

とにかく支えがないと痛くて歩けなかったので家でじっとしている毎日でした。

 

 

そんな日々愛犬がそっと寄り添ってくれてほんとにこの子に救われていると

 

 

IMG_20200224_205455_097.jpg

 

 

それにいつもいつもこんな私を支えてくださる友人には本当に感謝しかないです。

 

 

ありがとうございますm(__)m

 

 

今 怪我をして丸2ケ月が経ちました。

 

 

膝の痛みもなくなり一人で歩け車の運転もできるようになり

レッスン準備もと考えておりましたが 

 

 

世界各地で新型コロナの蔓延 ウィルスでパンデミック まだ特効薬もない今

 

 

 ウィルス撃退方法 沈静化 収束など何らかの見通しがつくまではレッスン 出店販売を自粛させていただきたいと思います。

 

 

安心できる環境でまた楽しくレッスン 出店販売ができるまでどうぞご理解のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

 

2020-03-13-20-50-15-724-01.jpeg

 

 

 

さて 我が家の免疫力アップに欠かせないものを写してみました^^

 

 

お花はやっぱり免疫アップに欠かせません♪

 

 

 

再開のめどがたつまでは創作作品や日常でのお花関係などアップしていけたらと

 

 

 

思っております☆

 

 

 

皆さまとともに健康にまたお会いできることを励みにそして楽しみにしております☆

 

 

 

 

 

 

 

花smile   2020年03月14日   hana-puri
このページの先頭へ戻る